HOME講座や研修を開催したい > 医療従事者

医療従事者

現在、医療の現場では「チーム医療」を土台とし、看護師やソーシャルワーカーもチームとしてケア、サービス提供をすることが求められています。アサーティブは、価値観や立場の違う人とも、率直に対等にコミュニケーションを取ることを学びます。その結果、チーム医療としての機能の向上、利用者へのよりよいサービス提供へとつながります。同時に、自分の感情を適切に言語化することでストレスを防ぎ、燃えつきを予防します。

研修の導入をお考えの方

開催のお問い合わせはコチラ

研修の目標

  • チーム医療の中での適切な主張の仕方が身につく
  • 職場の中での対人関係がスムーズになる
  • 階層ごと(若手、主任レベル、管理者)のコミュニケーションの取り方が身につく

1日研修の主な内容

<講義>

  • アサーティブとは
  • コミュニケーションの振り返りと課題抽出
  • 自己表現の権利と責任について

<実践>

  • 率直に要求を伝える/建設的に注意する
  • NOと言って率直に断る
  • 相手を承認し、ほめ言葉を伝える

開催実績

  • 日本赤十字社
  • 聖路加国際大学
  • 東北大学病院
  • 広島大学病院
  • 北里大学病院
  • 東北大学病院
  • 神奈川県立がんセンター
  • 高山赤十字病院
  • 東徳島医療センター
  • 戸田中央医科グループ
  • 八戸市立市民病院
  • 横浜勤労者福祉協会
  • 尼崎医療生活協同組合
  • 千葉県看護協会、北海道看護協会、神奈川県看護協会湘南支部、岐阜県看護協会

ほか多数

提供しているプログラムの種類

  • 基礎理論・応用理論それぞれ2日間ずつの研修
  • 1日研修
  • 3時間で理論と方法の概要を学ぶ研修
  • 1.5時間~2.5時間 講演 など

導入事例紹介

PDF
北里大学病院 看護部教育・ご担当者様pdf
~患者中心のチーム医療を目指して~
アサーティブネスで連携をスムーズに

フレームアンダー

研修の導入をお考えの方

開催のお問い合わせはコチラ

このページの先頭へ戻る