支援職

支援者は、様々な職種や機関の人との連携が求められます。支援者として、専門知識を持った人として対等に話し提案をしていくこと、組織の中で提案をしたり、人材の育成をしていくことなどですが、支援技術としての「受容」「傾聴」だけではなく、適切に指導する力、提案する力、チームをまとめる力をつけることが必要になります。支援職が組織の中でのコミュニケーション能力を高めることで、最終的に利用者へのよりよいサービスが提供できるようになることを目指します。

研修の導入をお考えの方

開催のお問い合わせはコチラ

研修の目標

  • スタッフ同士のスムーズな連携・相談・調整ができるようになる
  • セルフケアができ、適切なストレスマネジメントができるようになる
  • 利用者の権利擁護だけでなく、自分自身の権利も理解した上で自己表現ができる

1日研修の主な内容

<講義>

  • アサーティブとは
  • コミュニケーションの振り返りと課題抽出
  • 自己表現の権利と責任

<実践>

  • 率直に要求を伝える/建設的に注意する
  • NOと言って率直に断る
  • 相手を承認し、ほめ言葉を伝える

開催実績

  • 埼玉県社会福祉協議会
  • 神奈川県社会福祉協議会
  • 大田区社会福祉協議会
  • 宮城県保健師連絡協議会県部会
  • 名古屋市熱田区介護保険事業所
  • 静岡県聴覚障害者情報センター
  • 東京都身体障害者施設協議会
  • 清瀬療護園
  • 東京都勝山学園
  • 川崎市福祉人材バンク
  • かながわ福祉サービス振興会
  • 社会福祉法人武蔵野
  • 社会福祉法人静内ペテカリ
  • 社会福祉法人翔の会

ほか多数

提供しているプログラムの種類

  • 基礎理論・応用理論それぞれ2日間ずつの研修
  • 1日研修
  • 3時間で理論と方法の概要を学ぶ研修
  • 1.5時間~2.5時間 講演 など

研修の導入をお考えの方

開催のお問い合わせはコチラ

このページの先頭へ戻る