HOMEアサーティブを深めたい > トレーナーブログ

トレーナーブログ

みなさんにトレーナーをもっと身近に感じてもらうために、日々の雑記をアップしていきます。
ここではあまりかしこまらずに、趣味や、旅先での出来事、日常のちょっとしたエピソードなどを、トレーナー自身も気軽にそして楽しみながら書いていきたいと思います。どうぞお楽しみに!!

役割を離れたひとりの人間として

カテゴリー:竹崎かずみ

2018/04/03

フレームトップ
アサーティブジャパン専属講師の竹崎かずみです。

先日、定年を迎えた男性の友人と話していた時の出来事です。

他愛のない話の中で、その友人が静かにほろりと涙ぐんだことがありました。
以下はその時の友人の言葉です。
(友人には掲載の許可をいただきました)

『今までは、男であること、親であること、また職場での役割を優先し「自分がどうしたいのか」ではなく、「男として/親として/上司として、こうすべき。こう言うべき」と考えてずっと行動してきた気がする。

しかし仕事を退職し第2の人生を意識した今、役割から離れた一人の人間として
「自分はどうしたいのか?」
と自分に向き合わざるをえなくなった。

最初は役割からはずれた自分にとまどいが大きかったけど、最近は、この年で自分に正直になることで、涙ぐむような自分も許せるようになったんだよね』

それまでの彼への印象は
「いつも元気で声も大きく明るく笑っている人」
「常に前向きで、弱みはみせない人」
でした。

なので、力なく涙ぐむ姿を見たときにとても驚きましたが、同時に「涙や弱さを見せてはいけない」という「ステレオタイプの男性」へのイメージに縛られずに話している友人を見て、なんだかとても感動しました。

私たちの周りにはいろいろな役割があります。

例えば、「性別・年齢・夫・妻・親・子ども・○○の仕事をする人・管理職・新人」など、あげればきりがありません。

もちろん、役割上何を優先するのか、立場上どうふるまうかは社会の中を生きていくうえでは大切なことです。

しかしその役割を少し脇に置いて、
「自分はひとりの人間として、どうしたいのか」
と考えることは、とても勇気がいることだと思います。

私も友人を見習って、勇気を持って自分自身に正直に向き合っていきたいなぁと、あらためて思ったひと時でした。

アイコン
フレームアンダー

伝わらないのは相手のせい?

カテゴリー:谷水美香

2018/01/10

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の谷水美香です。

トレーナーとしての習性かもしれないのですが、他の人の会話を聞きながら、「こうすればアサーティブな会話になるのにな」と思うことがあります。


ある日の電車の中の出来事です。

60歳代後半くらいと思われる女性が2人おしゃべりをしていました。
その時一人の方の携帯電話が鳴りました。

〈ブルブルブルブル←振動音〉
「はい、私です。あっ、おねえさん、ご無沙汰しています。
 はい、はい。
 あのね~、今電車の中ですねん。
 はい・・。はい・・。
 また行かせてもらわなあかんなぁと思ってましてん。
 はい・・・・、はい・・・・・。
 あの今、電車の中でね~~~。
 はい・・・・・・、はい・・・・・・、はい・・・・・・」
 
しかし、電話を切ることなく、女性は「はい、はい」と相づちを打ちながら相手の話を聞き続けていました。

結局、3分程話した後、「はい、はい。では、また〜〜」と言って、相手が電話を切られて話が終わったようです。


電話を切ると、一緒にいた女性に対して「"電車の中や"て言うてるんやから、普通はわかりそうなもんやんなぁ。ほんま困るな〜」とおっしゃっていました。

その時、私は心の中で、「まぁ、確かに察してくれてもいいやんって思うわなぁ。ただ、要求は何も伝えてへんから、相手はしゃべってOKって受け取ったんかもな~」と思いました。

電話をしている時の表情から、女性が周囲を気にしながら話していることがわかりましたが、表情が見えない電話の相手にはそれが伝わりません。

伝わっているのは「今、電車の中にいる」という事実のみで、

自分がどうしたいか?
相手にどうして欲しいか?

について、女性は一言も口にされていないのです。


そこで、アサーティブに伝えるとしたら、どうなるのかを考えてみました。


例えば、

「今、電車の中なので、◯分後にこちらからかけますね」
「今はゆっくり話ができないので、あらためて◯◯日にお電話しますね。ご都合いかがですか?」

このような伝え方であれば、事実(「今、電車の中にいる」「ゆっくり話ができない」)だけでなく、自分の要求まで伝えられるのではないでしょうか。

私たちは日常の中で、「何回言っても伝わらない」「自分は一生懸命伝えているのに、分かってくれない相手が悪い」とコミュニケーションが上手くいかないことを相手のせいにしてしまうことがありますが、もしかしたら、自分自身が要求を明確にしていないことが原因で、相手に伝わっていないのかもしれません。

そのような時に、相手が悪いと責めるのではなく、相手が察してくれるのを待つのでもなく、主体的に行動することを選ぶのであれば、アサーティブが役に立つと思った日常の一コマでした。


アイコン
フレームアンダー

アサーティブは自分を映し出す「鏡」

カテゴリー:谷澤久美子

2017/12/22

フレームトップ
先日カル(愛犬)との散歩の時に、ガラスに映った、横から見た自分の姿に愕然としました。自分で思っていた自分と違ったのです。家で服装などを整える時、鏡の前に立つが、前からだけだとわからないもので、知らず知らずに、私のお腹周りはこういうことになっていたのです!

だからって、ダメじゃない。
諦めることもない。
この感じだと、最近サボっていたランニングを復活させることと、食生活の改善でいけそうです。

先日、「アサーティブトレーニングとは?」という質問を受けた時に、なぜか自分でもよく考えずに「鏡」に例えて応えていました。

「自己理解を深めるための鏡がいっぱい用意されていているから、参加者の方は自分の強化したい部分を見つけ、練習していく」

このように答えたと思います。
あの時はとっさに、そして少々かっこつけて答えたのですが、今となってみると、なかなか良い例えだったのでないかと思っています。

アサーティブトレーニングの中で、参加者の方々は「自分の気持ちや要望も大切にしていい」というアサーティブな考え方に出会い、ご自身のコミュニケーションの取り方を振り返ったり、参加者同士で語り合いながら、他の参加者の話を通して自分と比較し考えを深めていきます。

また、アサーティブのスキルを練習しながら、今まで愛用してきたコミュニケーションの癖がつい出てしまう自分を発見します。他にもトレーナーの体験談や、他の参加者の方のロールプレイなどを通じて、様々な角度からコミュニケーションの取り方も確認していきます。

そうやってまるで鏡に映った自分を見るように自己理解を深めながら、これまで無意識にされてきた考え方やコミュニケーションの取り方を、意識的にアサーティブにするにはどうしたらよいかを振り返っていきます。

もちろん、自分の嫌な点や見たくなかった面が映し出されることもあり、今までと違うコミュニケーションパターンにチャレンジするということは、場合によっては痛みがついてくるものです。
(それまでだって十分に一生懸命がんばって生きてきのですから)

だからこそ私たちトレーナーは、安心してトレーニングしていただける場作りの訓練(←これはもう本当に厳しい訓練です!)を積んでいます。

つまり、「アサーティブ」という考え方と参加者が気付きを得られる場の力が、アサーティブジャパンの講座にはあるのだと思います。

トレーニングを受けていただいたら、あとは練習あるのみ。
練習してアサーティブな自己表現の実践を積めば積むほど、もれなくついてくるものがあります。


それが「自己信頼」です。


もちろんアサーティブにチャレンジしても上手くいかない時もあるでしょう。
そんな時こそアサーティブの考え方や方法論を鏡にしていただきたいのです。その時のコミュニケーションを鏡に映し出せば、改善点が浮かび上がり、失敗した自分が丸ごとダメなわけじゃないということが分かります。

このブログを書き、私もサボっていたランニングを再開することを決意し、早速実行しています。


アイコン
フレームアンダー

相手に「反省させたい!」と思ったときこそ、アサーティブに

カテゴリー:森田栄子

2017/10/06

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の森田栄子です。

アサーティブトレーニングを実際に体験された方はおわかりかと思いますが、アサーティブとは「伝え方」だけでなく、「人と向き合うときの心構え」を大事にしています。
そのなかでも、相手と「対等」に向き合うということは、本当に難しいものです。
特に相手と立場の違い・上下関係があるときや、思いがけない批判を受けたときなどは、人として対等に接すること自体が大きなチャレンジとなります。

そんなとき、よく思い出す出来事があります。
昔のことですが、祖父が亡くなった際、位牌に書かれた文字に間違いがあることに気が付いた時のことです。
亡くなった祖父を思うと「長年の檀家である寺の住職の手によって書かれたものなのに、ここを間違える!?」と怒りがこみ上げてきました。

頭に血が上った私は、「寺に文句を言って住職に謝罪と反省をしてもらわねば!」と思い、どうすれば一番効果的かを考えました。

そこで思いついたのが、我が家の相談役で、社会的信用がある大叔父から「大事な位牌の文字を間違えるとは、一体どういうことだ!」とガツンと苦情を入れてもらうことでした。
当時若かった私が伝えるよりも、大叔父から厳しく注意してもらったほうが、住職が深く反省するのではないかと思ったのです。

それを伝えると大叔父は私の期待に反して、穏やかに「では、お寺に失礼にならないようにお話しましょう」と言ったのです。
私はそれを聞いて、「失礼にならないようにってどういうこと?だって失礼なのはお坊さんのほうでしょう?」と納得できない思いでした。

とりあえず大叔父が住職に話をする場に同席させてもらったのですが、そのときの大叔父は上から威圧的にガツンと言うのでもなく、かといって下手に出たりご機嫌をとるのでもなく、住職の話を聞きながらも丁寧にこちらの気持ちや要望を伝えていました。

その姿を見て、私は感動してしまったのです。

『どんな人でも間違うことがある。だからこそ、相手の立場を思いやって、相手の話に耳を傾けながら自分の意見を伝えることが大切なんだ』
ということを目の当たりにした瞬間でした。

上から言うのでもなく、卑屈になるのでもない。相手と対等に向き合うということは、こういうことなんだと教えてくれたような気がします。

対等な心の姿勢は、言葉や行動に表れる。
だからこそ心の中で相手を責めたり、犯人探しをするのではなく、どんな相手に対しても敬意を捨てずに向き合っていくことで、関係を壊さずに問題を解決していくことができることを学びました。

ことあるごとに、あのときの大叔父の姿に「対等」であることの凛々しさと優しさが蘇り、新たな気持ちで相手と向き合う勇気となっています。
アイコン
フレームアンダー

相手の怒りに巻き込まれない

カテゴリー:竹崎かずみ

2017/08/29

フレームトップ
こんにちは、アサーティブジャパンの専属講師の竹崎かずみです。

先日、アサーティブの効果を実感する出来事がありました。

友人と電車のつり革につかまりながら、おしゃべりに花を咲かせていた時、少し離れたところに座っていた方が突然立ち上がり、私の肩をたたきました。

「あら、席を代わってくれるのかしたら?」と期待した私の予想に反し、その方は「おい!うるさいんだよ。静かにしろよ!!!」と怒鳴ったのです。

大声で話していた自覚がない私にとっては驚きの一言でした。

しかし「すみません。気をつけますね」と落ち着いた対処ができ、その後も車両を移動することなく、声のトーンを半分くらいにして会話続けることにしました。そして最終的には、その方の隣の席が空いたので座って帰宅しました。

『大声で叱ることがしつけであり、それが愛情表現でもある』という時代の両親に育てられ、こどもの頃からよく怒鳴られていた私にとって『怒鳴られた時は怯えて謝罪するか逃げる』という行動が自分を守るすべでした。

もし、アサーティブを学び続けていなければ、その癖がぬけず、こどもの頃と同じように、その時も低姿勢で怯えながら謝罪するか、または無視して隣の車両に移動したかもしれません。

コミュニケーションの癖はすぐには改善できませんが、アサーティブを学び始めてから『自分の癖を知り、意識し、実践していくことで変えることはできる』という体験を幾度も積み重ねています。もちろん失敗し、落ち込むときもありますがそれもまた当然のこと。

今後も無理せずに成功体験を積みかさねていきたいです。

アイコン
フレームアンダー
  1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る