HOMEアサーティブを深めたい > トレーナーブログ

トレーナーブログ

みなさんにトレーナーをもっと身近に感じてもらうために、日々の雑記をアップしていきます。
ここではあまりかしこまらずに、趣味や、旅先での出来事、日常のちょっとしたエピソードなどを、トレーナー自身も気軽にそして楽しみながら書いていきたいと思います。どうぞお楽しみに!!

後悔しているたった一つのこと

カテゴリー:桜沢信江

2017/06/29

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の桜沢信江です。

先日、私の友人のお父様Aさんのお話を聴く機会がありました。Aさんは90歳に近い方ですが、とてもお元気で、明朗闊達にお話をされるとても素敵な方。(ご本人に了承を得て書いています)

「長い人生の中には、壮絶な戦争体験もあったし、辛いことも苦しいこともたくさんあったけれど、それを乗り越えてきて今がある、自分にも誇りをもっているし周囲にも感謝している、ただ、非常に後悔していることが一つあるのだ。聴いてくれますか?」

と聞かれ、ぜひお伺いしたいと答えると、

「それは、パートナーが元気なうちに自分の気持ちをきちんと言葉にして伝えなかったこと」

とAさんはぽつりぽつりと話し始めてくださいました。

「感謝の気持ち、ありがとうの言葉をパートナーに伝えてこなかった。60年以上も連れ添ってきて本当にありがとうと、どうしてもっと早くに何度も伝えなかったのだろう」

「元気だったパートナーが突然、この世からいなくなってしまった。時代背景もあり、言わなくてもわかってくれているだろうと思って言わなかったことが、今になってこんなにも後悔するなんて」

と涙を流しておられました。
そして、今は毎日仏壇の前で一緒にお茶を飲みながら感謝の気持ちを伝え続けているとのことでした。

Aさんのお話を伺って、私は以前読んだ、緩和ケアに数年携わってきたオーストラリアの看護師の話を思い出しました。

人生最後の時を過ごす患者さんたちが死の間際に人生を振り返る時、後悔を語ることが多く、そのベスト3に「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てばよかった」ということがあるのだそうです。

Aさんと患者さんでは立場は違いますが、人は歳を重ねるにつれて、自分の気持ちを言葉にできなかった場面の記憶が蘇り、後悔が出てくるものなんだなぁと感じました。

凛とした中に穏やかさ、優しさも兼ね備えていらっしゃるAさん。
Aさんの言葉に寄り添いながら、一緒に涙しながら、私もできるだけ誠実な気持ちを言葉にして大切な人たちに伝えていこう、日々アサーティブであろう、と改めて思わせていただけた、とても優しい時間となりました。

アイコン
フレームアンダー

自分の意見や要求をないがしろにしない

カテゴリー:谷澤久美子

2017/05/02

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師、静岡の谷澤久美子です。

私は、定期的にある勉強会に参加しています。

その勉強会に参加しているとき、『自分の気持ちや要求をないがしろにしないこと』の大切さを実感する出来事が2つありました。

1つ目は、隣の研修室から講師の声が聞き取りにくくなるほど熱のこもった声が漏れ聞こえてきた時です。
私はそっと部屋を出て、隣の研修室のドアをノックし、事情を話してマイクのボリュームを下げていただきたいとお願いしました。アサーティブに頼んだことで、その後、隣の研修室から声が聞こえることはなくなり、集中してレクチャーを受けることができました。

2つ目は、勉強会の参加者AさんとBさんと三人で話していた時のことです。
私は二人の意見に同意できないなあと感じ、聞き逃すことができませんでした。この勉強会に参加していない方々のことを、人として劣っているかのような意見に聞こえたのです。

そこで二人がその話題で盛り上がっている中、勇気を出して「私には別の考えがあるんです」と伝えました。すると二人は「そうなんですね」と私の発言を受け止めてくださいました。(反論されるかと思っていたので、意外な反応にびっくりしました)

その場では一旦その話は終わり、読書会が終了した後、Aさんが声をかけてくれました。

Aさん「さっきは意見が対立してしまいましたね」
私「人それぞれいろいろな考えがありますよね」
Aさん「そうそう。この勉強会の素晴らしさを強調したいがばかりに、あんな言い方になってしまいました」
私「そういうお気持ちだったんですね。いろんな意見を伝え合える場に、みんなでできたことが素敵ですね。これからもそうしていきましょうね」

こうして、爽やかに会話を終わらせることができました。

かつての私だったら、自分の中に湧いた小さな気持ちや意見(「講師の声が聞き取りづらい時の困惑」や「他者を見下すような発言への違和感や自分はそう思わないという意見」)を、何事もなかったかのように、また気付かないフリをしてスルーしていたと思います。

例えば、「聞こえなかったところは、後で他の人に聞けばいいか」とか、「自分と意見が違うだけで別に大したことじゃない」「わざわざ自分から事を荒立てる必要もない」など、言い訳をいっぱい頭に浮かべていたと思うんです。

アサーティブと出会い、自分の意見や要求をないがしろにしないことで、自分のことを前よりもっと好きになれたような気がします。


アイコン
フレームアンダー

『本当に伝えたいことは何か』を考える

カテゴリー:谷水美香

2017/03/27

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の谷水美香です。

アサーティブトレーニングの講師をしていると、常にコミュニケーションが完璧だと思われることがあります。
確かにアサーティブのことを知らない方より、「何をどう伝えるかなどの方法」や「相手に向き合う心の姿勢」は、意識し実践しようと努めてはいますが、人間ですので、「あれ?こんなはずではなかったのに・・・」と思うことも多々あります。

ある日のことです。
我が家では家事を分担していて、食器洗いはパートナーの担当なのですが、前日使用した食器やお鍋などが残ったままになっていたことがありました。私はお弁当を作らなければならず、時間がなくて急いでいたのため、洗っていない食器やお鍋が邪魔でうまく作業ができずイライラ・・・

その時、私がパートナーに言った言葉は
「なぁ~なぁ~~、これ洗ってないねんけど!嫌がらせぇ~?!」
でした。

言ってしまった後にハッとしましたが、たまたま遠くにいたパートナーには聞こえていなかったようで、ほっとしました。

そこで、落ち着いて、『本当に伝えたいことは何か・・・』と考えると、

「朝、キッチンを使おうとした時に、シンクに洗い物が残っている状態では作業がしにくくて困る。だから、次からは、朝6時までには食器等を洗って、シンクに物がない状態にしておいてもらいたい」

でした。

もちろんパートナーのほうにも食器洗いができなかった事情があったのかもしれない。
そのへんも事情も汲みながら話をしてみると、特にケンカになることなく、落ち着いてパートナーと話しあうことができました。

アサーティブを知っていて良かったのは、マズいと気付き、本当に伝えたいことを考えられること。
そして、どのように伝えればいいのかをわかっていることです。

講師といえども、このようにちょっとした失敗を繰り返しながらの毎日です。

この話を講座でした時に、参加者の方が帰り際に感想を話してくださいました。
「1回伝えて、マズかったと思ったら、もう1回伝えなおせばいいんですね。気持ちが楽になりました。」と。

大切なのは、お互いに話し合える関係性が保たれていること、話し合いの扉が開かれていることです。そのためには、伝える側のコミュニケーションの責任を忘れずにいることかと思います。
このように、行きつ戻りつしながら、何度もチャレンジする日々です。

自分にもストレスが溜まらないように、そして自分のコミュニケーションの取り方によって相手にもストレスをかけないことを最近はとても意識しています。

アイコン
フレームアンダー

一歩踏み出す勇気

カテゴリー:竹崎かずみ

2017/02/02

フレームトップ
アサーティブジャパン専属講師の竹崎かずみです。

私はストレートネック(※)のため、医師から「枕は使用せず、バスタオルを4枚重ねること」と指示を受けています。そのため出張の度、宿泊先でバスタオルの貸し出し依頼をしなくてはなりません。

快く貸してくれることが多いのですが、ホテルによっては「1枚につきレンタル料を支払う」などルールは様々で、毎回依頼するのがかなり負担になっています。しかし、今までに何度も「朝、寝違えて全く首が動かない!」という悲惨な状況を体験しているので、必ず依頼することにしています。

あるホテルでもいつものように依頼したところ、初めて「ルールなのでお貸しできません」という対応を受けました。1泊ならまだしも、その時は4泊の出張だったので、とても不安な気持ちのまま部屋に入り「ホテルを変更した方が良いかも?」と悩んでいました。

すると、フロントで対応してくれた方が、部屋までバスタオルを4枚持ってきてくれたのです。そして申し訳なさそうに「私もストレートネックなので辛さがよくわかります。先ほどは隣に支配人がいたのでお貸しできませんでした。お客様にはルールだからとお断りするのは心苦しかったので、どうぞ内緒でお使いください。今後はこのルールを変更できたらいいのですが」と言ってくれました。

立場上、その方のように「ルールですから」と言わざるを得ないときもあり、職場の方針を変えたいと思っていても、一人の力ではすぐに改善できないことも沢山あるでしょう。自分の意見を主張するには、伝える内容の整理、言い方、タイミングなどのスキル、そして勇気が必要です。

根本的なルールを変更するには時間がかかるかもしれませんが、勇気を出して私の部屋に来てくださったのだと思い、とてもあたたかい気持ちになりました。そして、私も小さな一歩を踏み出せる勇気のある人間でいたいと感じた出来事でした。

(※「本来あるべき首の骨(頸椎)の弯曲がなくなっている」状態を指す用語です。)


アイコン
フレームアンダー

相手への見方が変わると関係が変わる

カテゴリー:森田栄子

2016/09/15

フレームトップ
こんにちは。アサーティブジャパン認定講師の森田栄子です。

私はアサーティブの考え方の中で、特に好きな言葉があります。それは
「コミュニケーションパターンはその人の本質ではなく、クセである」
という考え方です。
そのことに関して、思い出したエピソードを書いてみます。

先日、親族の一人から強い口調で批判をされました。高齢の親の介護方針をめぐって、私たち夫婦を一方的に責めるような内容で、正直かなりびっくりしました。

昔の私だったら即座に感情的に反論するところですが、アサーティブを学んだおかげで、相手の言い分に耳を傾けて冷静に話をすることができました。

しかし、話し合いが終わった後で、自分の中にまだかなりの怒りがあることに気づきました。

たしかに冷静に相手の話を聴いて話をすることはできたかもしれません。でも内心私は
「そんな言い方はないでしょう?」
「なんでこちらの苦労をわかってくれないの?」
と、相手へのネガティブな感情で心も頭も一杯になっていたのです。

翌日、アサーティブの仲間たちにこの話をすると、「きっとその親族の方は不安でたまらなかったのよね」「なんとかしたいと焦っていたのかもしれないね」という視点で率直な感想を言ってくれました。

たしかにそうかもしれない。
相手は私を責める意図ではなく、きっと不安でたまらなくて、でもなんとかしたいという気持ちで、言い方がキツくなってしまっただけかもしれない。
そんなふうに相手へのポジティブな視点が得られると、自分の中の怒りがすーっと軽くなっていきました。

翌日、その親族の方と話す機会があったとき
「詳しい情報を伝えていなかったから、きっと不安でしたよね」
という言葉がするっと口から出てきました。
するとその方も
「そうなのよ。この前は感情的になって悪かったわね」
という言葉が返ってきたのです。

私自身の相手への見方がかわったことで、相手の反応がこんなにも変わるなんて。
苦手な相手の「攻撃的な」言い方は、その人の「本質」ではなかったのです。

「コミュニケーションパターンは、その人の本質ではなく、クセである」

アサーティブで大切にしているこの言葉の意味を、あらためてかみしめている今日この頃です。

アイコン
フレームアンダー
  1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11  

最新の講座情報をみる

AJ主催の講座カレンダー

このページの先頭へ戻る